高杉保育園 保育方針




高杉保育園 あいさつ

理事長 下山 光治

りんご樹に固まれた純農村地帯、
西に霊峰岩木山、東に焚珠山を望み、
水清く気澄み豊かな自然の高杉地区に、
昭和52年に設置された高杉保育園ですが、

早いもので親・子二世代の子供をお預かりするまでになりました。
目を閉じると、各種行事や会合の場面の皆さんの笑い顔、泣き
顔、怒り顔などさまざま走馬灯の様に浮かんで、年数の重み
と共に懐かしく思い出されます。

戦後児童福祉法が制定されて以来、保育事業の重要性が叫ばれ、
社会情勢の変化と共に幾多の苦難を乗り越えてきた所でありますが、
社会のニ一ズ、に対応するため、
特別保育事業の延長保育、障害児保育、休日保育、地域活動等を実施しており、
現在においては食育の必要性も指導されております。
また子育ては、親・保育士・社会が生活の中で、
愛・思いやり・しつけがどうあるベきかを問われる姿であると思います。
園では、保育士は人間形成に最も大事な、
就学までの乳幼児保育に関わる者として「三つ子の魂、百までjを合言葉に、
保育園時代の子供に対する接し方が、
子供の将来にいかに大きな影響を与えるかを考え、
責任の重大さを十分認識するように指導しております。
重大な責任を感じながら、次代を担う子供達の幸せな将来、
輝く未来を思い「明るく、素直な、たくましい、表現する力のある子供」
「 思いやりのある子供」を目標に更なる精進をし、
地域のニ一ズ、に応えていきたいと思います。
今後とも行政、地域、保護者の皆様よろしくお願いします。

 

更新情報・お知らせ

2016/06/01
ホームページ開設

↑ ページの上部へ